インターネットの口コミは信じられる?

今までに色々なインターネットサイトで買い物をしてきました。食料品やファッション、書籍やDVDなどたくさんのものを購入してきましたが、ダイエット食品や健康食品のサイトや口コミの情報とは違った経験をしてきました。もちろん、このようなものは個人差があるのは分かっています。しかし、全く効果がなかったものもありますし、中には過剰に評価されている商品もあると思います。

話は変わりますが、以前友人がネットショップを運営していました。大手ショッピングサイトで商品を購入できるのですが、口コミに購入していない人から悪い評価をつけられたことがあったようです。実際に口コミを書いた人が購入したかどうか調べたようですが、そのような人は見当たらなかったようです。実際、私がカラコン 一年用を買ったときも、口コミとはかなり違ったことがあります。ですから、インターネットの口コミサイトを調べるにしても、一つの口コミサイトだけで判断せず、いくつかのサイトをチェックして最終的に決めた方がいいかと思いました。

また、私がもう一つ疑問に感じていることは人気ブログランキングの金融、投資です。私は資産運用に興味があり、昔から金融、投資の人気ブログランキングをチェックしていました。でも、最近、やたらとFXで1億円以上稼いでいる、月に何百万円も稼いでいる人ばかりで、そのくせ手法を公開しておらず、メールアドレスを登録すると手法が知れるというものです。このメールアドレスに登録すると何回か普通のメールが届くようなのですが、何回目かに有料の商材を勧められると聞いたことがあります。

実際に取引していないのに取引したように口座残高を偽造しているブロガーもいると聞いたことがあります。もちろん、メールアドレスに登録を勧めてくるすべての人が怪しいとはいいませんし、実際に稼いでいる人もいらっしゃると思います。しかし、長いことブログを見ているとボロが出てくるようで偽造がばれて人気ブログランキングから撤退した人もいるようです。ですから、インターネットの情報はすべて信じてはいけない、サービスを利用する場合はしっかり見極める必要があると思いました。

ゲームを通して何時の間にかパソコンに慣れる

ゲームを通して何時の間にかパソコン操作を覚えた、という人が私を含めて回りに多いです。

どうしても最初からパソコンの機能や操作を勉強のように覚えようとしてしまうと、苦痛ばかり感じると思います。

ゲームで楽しみながら覚えればマウス操作なども自然に身につきますし、チャットなどを通してキーボードの操作も慣れていきます。

私がパソコンに慣れていったきっかけは、ハンゲームと、Mu奇蹟の大地というMMOと、天鳳という3つのゲームです。

ハンゲームでチャットを覚え、Muでインストールやパソコンの設定や、割と複雑な操作などを覚え、天鳳を通して麻雀サイト作りなどもするようになりました。

PCのゲームはもはや(というか10年以上前から)家庭用ゲーム機よりも面白いですし、やはりパソコン初心者にはゲームがおススメです。

またポケモンやマリオ等の昔のゲームをエミュレーターでやるのもいいですね。最近ではポケモンGO 格安スマホなんかでやるようになってPCに触れる機会が減ってきたので、PCに触れる機会をまた増やそうと思っています。(ポケモンGO 格安スマホポケモンGO 格安スマホポケモンGO 格安スマホ

パソコンのデータの空き容量を増やす方法

パソコンを使っていると、気づいたらデータの空き容量が少なくなっていることがあります。
それで、空き容量を確保するために、不要データの削除、一時ファイルの削除、プログラムの削除など、色々と処理をしていました。
例えば、インターネットエクスプローラやMicrosoft Edgeを起動し、閲覧データのクリア、一時ファイルの削除を行っていたりという感じです。
いつも対応に時間がかかるので、後回しにしてしまいがちでした。

しかし、その面倒な処理を一括でできる便利なツールを見つけました。
「Priform」の「CCleaner」というツールです。

このツールのすごいところは、インターネットの閲覧に使うプログラム、
インターネットエクスプローラーをはじめ、Firefox、Safari、GoogleChrome、microsoft Edgeに対応していて、
チェック一つで一時ファイルやパスワードなど、何を削除するかどうか決められることです。
いちいちプログラムを立ち上げて削除する必要がなく、とても簡単で便利です。

しかも、プログラムのアンインストールやレジストリの削除まで対応してくれます。
レジストリの書き換えは間違えたらと思い、手を出すのを敬遠していましたが、悪いところを自動で検出し、書き換えてくれるので、
安心して変更することができるようになりました。

作業が簡単で済み、対応時間が短くて済むうえ、結果としてパソコンの動きも早くなり、とても満足するツールです。
空き容量を増やす作業をするときはもちろん、普段使いでも大活躍しています。

OSが立ち上がらない!

使用しているSSDの容量が足りなくなってきて、新しいSSDを購入してからが始まりでした。
前まで使っていたSSDから新しいのに切り替えてから、偶にOSが立ち上がらないことが多発してきました。当時はとりあえず外してみて再度取り付けてみると立ち上がったので深く考えなかったのですが、徐々に頻度が上昇。さすがにこれは初期不良か? と思ってお店に行くと購入後の経過時間が長いので、初期不良として処理するのは不可能と言われました。
なので、不承不承そのままSSDを使い続けていると、PC内部で取り付けていると動かないという状況に。
そこからは内部から出して、縦置きから横置きにすると何とか起動するように。この時点でだんだんめんどくさくなって動けばそれでいいやーという結論になってしまいました。
その後一年ほど通常起動してくれていたのですが、また動かなくなったのでさすがに買い替えだなーと思ったんです。
次にPCに詳しい友達に次に買うSSD何がいいかなーと相談してみると、SSDのケーブルが悪くないか? と言われました。私は知らなかったのですがSSDケーブルの耐久性って凄く酷いらしくて、五回くらい抜き差ししたら壊れることもあると教わりました。
その言葉にびっくりして、そっち交換して直るなら値段も全然違いますし、新しいSSDにデータ移し替えしなくてもいい! ということで試しにケーブル交換してみました。
すると、PC内部に入れても普通に起動したので、大感激。
ある意味、人に相談することで自分と違った結論が出てきて、それがお悩み解決になるとよく理解できた体験でした。

Excelの改行…試行錯誤した結果

今から数年前の話です。
入社することになった会社では、Excelを日常使いすることになったのですが実は私、Excelを一切使えませんでした。
以前はオフィスワークの経験がなかったので、パソコンを使うことも入力ぐらいで済んでいたので勉強することもなく月日が流れていました。
でも、いざオフィス系の職業につくとエクセル・ワード等のオフィスソフトは必須スキルのようで、それが出来なければ業務が成り立たないのだという雰囲気を初日から感じていました。覚えることを必死に吸収しながら数日が経ち、上司が当然のように「Excelに入力しておいてね」と言って書類を渡してきました。
時間がかかりましたがなんとか入力できたのですが、その翌日はもっと難しい書類を渡されました。
そこで私は気がついたんです。Excelの文章の改行の仕方が分からない。今考えればすぐに調べれば済む話だったのですが、試行錯誤してなんとか見つけた対策が『スペースキーを沢山打てばいい』というものでした。当然のことながら、変な行間がたくさん空いてしまい文章自体もおかしなことになっていたようで上司がそれを発見して修正してくれました。「Excelって使ったことなかった?わからないなら教えるのに!笑」と後々になって言われました。当時はわからないものをわからないということが恥ずかしいと思っていたのですが、こんなふうにパソコン操作1つで後々迷惑をかけるくらいなら最初から聞いておけばよかったと反省しました。

突然ブルースクリーンになりました

普段通りにPCを使っていた時です。
突然電源が落ちて画面も見えなくなってしまってパニック状態になりました。それからもう一度電源を立ち上げてみると通称ブルースクリーンという画面が表示されて、OSが立ち上がったり立ち上がらなくなって困ることになりました。
そこからは他のPCでネット検索してブルースクリーンが原因の場合というのを調べていき、ブルースクリーン関連のフリーソフトを落としてインストールしたり、それでもよくわからなくて、パーツが悪いんじゃないか? という助言を得ることで、ハードのどこかでおかしいというヒントを得ることで次の行動に入りました。

幸いなことに、私の場合メモリを外すことでブルースクリーンがでなくなったので、メモリが悪いという結論にたどり着くことができました。
勿論、そこに行くまでにネット検索もそうですが友達に相談したりして、冷静な気持ちを取り戻す時間もかかりましたね。
そこからは新しいメモリをどうすべきかという行動になり、ネットでお勧めやお店に行って店員に自分のPCスペックを告げて相談しながら購入です。スペック自体も壊れたのより性能が良くて値段も良心的な品物でした。
しかし、当時は必要経費とはいえ一万円の出費がきつかったので、給料日まではだましだまし使いながらごまかしてPCを使用。
ある意味、壊れることによって普段PC内部の掃除やメンテナンスが出来たので、結果的には古いものを入れ替え綺麗になったPCに満足した体験でした。

データベースソフトが全然使い方が分からず

派遣事務でとある企業の経理仕事に就きました。
産休代替の案件で、期限は1年。
ここはひとり事務の部署で、本社の経理部から指示を受けて仕事を進めるから初心者でも大丈夫と言われて就いた仕事でした。
産休に入る方は10年を超えるベテラン社員で、システムの扱いは普通に進めていたのですが、この会社自体の体制がとても古く、
システムも昭和の時代からずっと貫いて使用しているものでした。
パソコン自体は新しいものでしたが、データベースのシステムが「桐」というもので、ウィンドウズ版の桐マニュアルをポンと渡されたのですが、
説明を読んでもちんぷんかんぷん、全然頭に入りませんでした。
エクセルとワードに慣れていた私は、この桐のデータベースの入力に大苦戦を強いられました。
私はそれほどパソコンに詳しい方ではありませんが、大体のソフトは使用するうちに感覚をつかんで慣れていくのですが、この桐はまずもって言葉の使い方からマスターする必要がありました。
最初の難関は「集合・補集合」というキーワード。高校の数学で集合自体は習いましたが、さて何をするんだ…?という状態で周囲に聞くに聞けず。
これはエクセルに置き換えるとフィルターの役目をしてて、データを絞りたい時に使用する機能でした。
産休に入られる方から使い方を少し教わりましたが、その方は当たり前に使いこなしている方なので、私が何に困っているのかを把握できずにいました。
またファイルの入れ方、保存の仕方、帳票のサイズ調整などなど謎だらけで、書店やネットでもっと詳しいマニュアルがないものか探していたのですが、
オフィスで使用している方がものすごく少数な様で全然データも書籍もありませんでしたので、産休の方がお休みに入ったらもう手探り状態でした。
先月期間満了になりましたが、もうこのソフトとは出会うことはないと思います。貴重な体験をしたと思っています。

データベースソフトが全然使い方が分からず

派遣事務でとある企業の経理仕事に就きました。
産休代替の案件で、期限は1年。
ここはひとり事務の部署で、本社の経理部から指示を受けて仕事を進めるから初心者でも大丈夫と言われて就いた仕事でした。
産休に入る方は10年を超えるベテラン社員で、システムの扱いは普通に進めていたのですが、この会社自体の体制がとても古く、
システムも昭和の時代からずっと貫いて使用しているものでした。
パソコン自体は新しいものでしたが、データベースのシステムが「桐」というもので、ウィンドウズ版の桐マニュアルをポンと渡されたのですが、
説明を読んでもちんぷんかんぷん、全然頭に入りませんでした。
エクセルとワードに慣れていた私は、この桐のデータベースの入力に大苦戦を強いられました。
私はそれほどパソコンに詳しい方ではありませんが、大体のソフトは使用するうちに感覚をつかんで慣れていくのですが、この桐はまずもって言葉の使い方からマスターする必要がありました。
最初の難関は「集合・補集合」というキーワード。高校の数学で集合自体は習いましたが、さて何をするんだ…?という状態で周囲に聞くに聞けず。
これはエクセルに置き換えるとフィルターの役目をしてて、データを絞りたい時に使用する機能でした。
産休に入られる方から使い方を少し教わりましたが、その方は当たり前に使いこなしている方なので、私が何に困っているのかを把握できずにいました。
またファイルの入れ方、保存の仕方、帳票のサイズ調整などなど謎だらけで、書店やネットでもっと詳しいマニュアルがないものか探していたのですが、
オフィスで使用している方がものすごく少数な様で全然データも書籍もありませんでしたので、産休の方がお休みに入ったらもう手探り状態でした。
先月期間満了になりましたが、もうこのソフトとは出会うことはないと思います。貴重な体験をしたと思っています。

ソフト同士の互換性の無さに戸惑い

私は高校生の時からずっとパソコンで表計算ソフトを使っているのですが、高校生の時は家のパソコンで操作をしておりofficeのソフトが既に入っていました。しかし大学生になって一人暮らしを始めた時に新しく買ったパソコンにはofficeが入っておらず自分でライセンスを購入するか、フリーソフトを使用するかのどちらかを選ばなければならなくなりました。一人暮らしを始めたばかりでお金に余裕のなかった私は当然後者を選んだわけなのですが、officeのソフトもフリーソフトもそこまで操作性に大きな違いがあるわけではなく、問題なく利用することができていました。そして私の頭の中には「フリーソフトですべて解決する」という安心感が根付いてしまっていたのです。そんな私も社会人一年目になり順調に研修を重ねていっていたのですが、ある時会社で出された研修用の課題を就業時間中に終わらせることができなかったので家に持ち帰らせてもらったことがありました。それは表計算ソフトを使う課題だったのですが、家のパソコンで何度試してみても指定されたような結果が出ません。困り果てて先輩に電話してみると「もしかしてフリーソフト使ってる?その課題互換性の無い数式使ってるからofficeのソフトじゃないとできひんで」というお答えが。今まではフリーソフトを使用していて困ったことなど何もなかったのですが、まさかこんな大事な場面で互換性の無さに泣かされるとは思ってもいませんでした。それ以来、自分のパソコンでもofficeのソフトを使うようにしています。

パソコンが壊れた!!

私は電気にとっても疎いです。電球だって交換できるかできないかの瀬戸際です。
そんな私もいよいよパソコンに挑戦する日がやってきてしまったのです。
パソコンが届くその日はずっとワクワクして前の日も眠れなかったほどです。いつもなら爆睡します。しかし初めてのパソコンなので緊張していたんだと思います。
ここで最初のミスです。パソコンは携帯のインターネットのサイトで買ったのですが、届いたものを見てみると箱だけなんです。
そうです。あのディスプレイではなくあのなんか長い箱だけを買ってしまったんです。
はいもちろんできません。マウスもキーボードもありません。急いで近くの電気屋にかけこんで揃えました。店員さんにも、なんでもいいから揃えてくれ!って伝えたのでなんとかなりました。
そんな大失敗した私もいまは平気でパソコンを扱えるようになりましたが、ここまでくるのには悪戦苦闘の毎日でした。
電源の入れ方からインターネットのつなぎ方。サイトの見方、カタカナの変換の仕方。
それでもパソコンのある生活は私にとって特別な存在です。恋人のように見えるときもあります。あの時最初に届いたタワーは今も使っています。
新しいことを始めるのは勇気と挫折との戦いです。これからパソコンを始める人には是非楽しんでやってもらいたいものです。
失敗を恐れずに前へ、昨日より素敵なじぶんがあるはずだと思います!
パソコンってたのしいいなあ!って感じで頑張ってください!