パソコンのデータの空き容量を増やす方法

パソコンを使っていると、気づいたらデータの空き容量が少なくなっていることがあります。
それで、空き容量を確保するために、不要データの削除、一時ファイルの削除、プログラムの削除など、色々と処理をしていました。
例えば、インターネットエクスプローラやMicrosoft Edgeを起動し、閲覧データのクリア、一時ファイルの削除を行っていたりという感じです。
いつも対応に時間がかかるので、後回しにしてしまいがちでした。

しかし、その面倒な処理を一括でできる便利なツールを見つけました。
「Priform」の「CCleaner」というツールです。

このツールのすごいところは、インターネットの閲覧に使うプログラム、
インターネットエクスプローラーをはじめ、Firefox、Safari、GoogleChrome、microsoft Edgeに対応していて、
チェック一つで一時ファイルやパスワードなど、何を削除するかどうか決められることです。
いちいちプログラムを立ち上げて削除する必要がなく、とても簡単で便利です。

しかも、プログラムのアンインストールやレジストリの削除まで対応してくれます。
レジストリの書き換えは間違えたらと思い、手を出すのを敬遠していましたが、悪いところを自動で検出し、書き換えてくれるので、
安心して変更することができるようになりました。

作業が簡単で済み、対応時間が短くて済むうえ、結果としてパソコンの動きも早くなり、とても満足するツールです。
空き容量を増やす作業をするときはもちろん、普段使いでも大活躍しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です